小顔をGETしたいなら矯正施術を受けるべし|人気の施術法を紹介

美容整形と小顔矯正

看護師

原因に合わせた小顔矯正の方法

顔が大きい原因は様々で、骨格そのものが大きいケースだけでなく、エラの張りや皮膚のたるみ、脂肪などがあります。美容整形における小顔矯正は、外科手術を行う本格的な施術から、注射やレーザーを用いたプチ整形まで色々な方法が存在します。原因に合わせた施術を選ぶことで、効果的な小顔矯正が受けられます。太っていないのに、エラが張った輪郭のせいで顔が大きく見える場合の小顔矯正には、ボトックス注射がおすすめです。ボトックスはボツリヌス菌から抽出したたんぱく質で、医療現場ではまぶたや顔面などの痙攣を止める治療に用いられています。ボツリヌス菌の毒素から作られたということで副作用を心配する人もいますが、アメリカの米食品医薬品局で認可され長い歴史を持ちます。もちろん日本でも厚生労働省によって認可されているため、安全性の高いのが特徴です。エラは筋肉が発達することで大きく太くなるため、筋肉の働きを弱めて細くする必要があります。ボトックスは筋肉と神経の伝達を阻害し、筋肉の緊張をほぐして働きを緩和します。薬液の注入には細い注射針を使い、皮膚の表面に塗布する麻酔で感覚を麻痺させるため、痛みの心配がありません施術時間は10分程度で、メイクやシャワーなどもその日の内から可能です。たるみが原因で顔が大きく見える場合の小顔矯正では、リフトアップを行い皮膚のたるみを引き上げます。レーザーを用いた治療では、皮膚表面に傷をつけずにリフトアップとたるみ改善の両方の効果を得られるがメリットです。皮膚を支えるコラーゲンにレーザーを使って熱を与えると、加熱によってコラーゲンが縮み即効性のあるリフトアップ効果が得られます。さらに、熱によって縮小したコラーゲンを元通りにしようとする働きが皮膚の中で起こり、新しいコラーゲンが生成されやすくなります。細胞内に栄養が集まり、コラーゲンが作り出されることで皮膚の弾力がよみがえり、たるみが改善します。顎や頬の脂肪が原因で顔が大きい場合は、部分痩せ注射が向いています。脂肪を溶かす効果のある薬液を、痩せたい部位に注射する施術で、肌の引き締めやリンパの循環を促す作用も期待できます。